■ 闇金 取り立て

貸金業法および金融庁のガイドライン、弁護士法などに借金の取り立てに関する規定があります。
違法な取り立てには必要な対処をしなければなりません。

・大声で脅されたり、暴力を振るわれた。
・多人数で家に押しかけられた。
・保険金で払えなどと脅された。
・深夜や早朝に返済の催促電話がかかってきた。
・勤務先にまで電話をかけてきた。
・他の貸金業者から借入れて返済するように言われた。
・家族や親戚に代わりに返済しろという電話などをされた。
・弁護士や司法書士に債務整理を依頼しその旨の通知をうけているのに、それを無視して返済をするように迫られた。

これらのことで思い当たることがあれば、早めに弁護士や司法書士、警察に相談することをオススメします。

耐えていても闇金の取り立てや嫌がらせはエスカレートするだけです。
精神的に追い詰められる前に、早めの対処が必要です。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

闇金の借金に悩んだら法律の専門家に相談してみましょう

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

闇金の借金に悩んだら法律の専門家に相談してみましょう

▲このページのTOPへ戻る